求人における期間工の採用について

求人活動で企業が期間工を採用するケースが増えてきていますが、これについては採用する側は特に十分な配慮が必要です。
ともすると、企業の勝手な都合で、忙しい期間だけ臨時の人を採用し、働かせ、忙しくなくなったらやめてもらうということになりがちだからです。



正社員を雇うと、仕事量の関係で、働く時間の調整ができなくなり、余計な人件費を抱えることとなるので、仕事のピークだけ人と雇いたいという資本の論理に流れるきらいがあるということです。

求人側からすると、その論理が優先されやすいのですが、だからと言って、仕事に恵まれない人が、やむを得ず一定期間だけ雇用契約を結び、終わったら失業者として他の仕事を探すとか、失業保険を当てにするという期間工方式が蔓延したら、社会的に推薦できるものにはなりません。
現実的には難しい点があることは百も承知ですが、期間工を求人する場合、たとえば、農業従事者で農繁期の一定期間は農業に専念するが、そうでないときに期間工として働きたいというように、働く者と雇う者両者にメリットのある制度として運用することがとても大事になるということです。

あなたに合った教えてgooといえばこちらです。

したがって、雇う方は誰でもいいから求人要綱や条件に合致すれば、手当たり次第に雇うという姿勢ではなく、一人一人の長期スパンでの生活を慮り、大げさに言えばその人のライフプランまで配慮して対応することが大事だということです。
人を雇うというのは、雇う方にも大変なことももちろんありますが、雇われる方にとっても大変なことがあることを、優位な立場にある企業が考えなければ、いい社会は実現しないからです。

期間工求人の安心情報、今すぐ確認してみましょう。